私の胸って垂れているのかな・・・と疑問に思ったことはありませんか?

バストは完全に垂れてしまうと完全に修復することが難しいものなので、早めに垂れ乳の基準や特徴を知って早めに対処していきましょう!

この記事では、垂れ乳の基準や特徴を紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

垂れ乳の基準

年齢とともにバストはだんだんと垂れていきますが、自分のバストは垂れているのか気になりますよね?

こちらが垂れ乳の基準と言われていますので、自分のバストは垂れているのか、照らし合わせながら確認してみてください。

  • バストが柔らかくなってきた
  • 出産・授乳を経験している
  • 乳首が下を向いている
  • ブラトップなどの楽な下着ばかり着ている
  • ノーブラで寝ている
  • 元々バストが大きい
  • スポーツや運動を頻繁に行っている
  • 30代に突入している

いかがですか?

これだけあるといくつか当てはまる人も多いのではないでしょうか。

上記の基準がいくつか当てはまっている人は垂れ乳の可能性が高いので注意が必要ですが、これはあくまでも基準ですので実際にどうなのか垂れ乳と垂れていないの違いを見ていってみましょう!

垂れていない胸と垂れてしまった胸の違い

垂れていない胸

まずは、垂れていない胸の状態はどんなバストなのかを確認してみましょう。

ブラジャーをしているとバストが持ち上がっている場合が多いので、何も着けていない裸の状態で確認してみてください。

鏡の前に立って、鎖骨の真ん中の凹んでいる部分と、両方のバストトップを線で結んでみてください。

上の図のように綺麗な正三角形になっている場合は、バストが垂れていない状態になります!

この正三角形のバストはもっともバストが綺麗に見える状態から黄金のバスト比率であり、理想的なバストの形と言われています。

また、横からバストを見たときに肩と肘のちょうど真ん中のあたりにバストトップが位置しています。

垂れてしまった胸

先ほどの垂れていない胸で紹介した黄金のバスト比率がありましたよね?

それを基準にして、垂れ乳はどんな状態なのか確認していきましょう!

鎖骨の間とバストトップを結んだ時に垂れていない胸は綺麗な正三角形だったのに対して、垂れ乳は上の2辺が長くなっている2等辺三角形の状態になります。

垂れているバストの状態は、左右のバストトップを結ぶより、バストトップと鎖骨を結ぶ線の方が長くなるのが垂れ乳の状態になってきます。

逆に底辺が長い場合は離れ乳の可能性があります。

離れ乳の可能性が高い人は、こちらのサイトで離れ乳について紹介していますので確認してみてください!

>>>離れ乳について

胸の垂れ具合

バストはいきなりドスンっと垂れてしまうのではなく、上の図のように段階を踏んでどんどん垂れ乳へと変化していきます。

今自分のバストがどの段階にいるのか確認してみてください!

STEP1はバストの黄金比でも説明した垂れていない状態のバストになります。

乳首は真っ直ぐではなく若干上を向いています。

バストの下の膨らみ部分の境目のバージスラインもくっきりと線が入っています。

STEP2のバストは、垂れていないバストトップの位置が赤い線にあるのに対して乳首が真っ正面よりも下を向き始めていて初期の垂れ乳の状態のバストになります。

この状態はまだハリもあり、バージスラインもしっかりしているので垂れていないような感じに思えますが、バストトップの位置が下がり始めているので注意が必要です。

STEP2のバストは垂れていない胸との違いがわかりにくいと思いますが、バストの上部分やデコルテのボリュームがなくなって谷間ができにくくなったなと感じたりするようであれば垂れ始めている状態です。

授乳を終えた人や30代に多くみられ状態とも言えます。

このSTEP2の状態の時点ではナイトブラでケアする事で、これ以上の悪化を防ぐ事ができるので完全に垂れてしまう前にナイトブラによって早めにケアをおすすめします。

当サイトで実際に試してレビューをしたナイトブラをランキングで紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

>>>ナイトブラ人気おすすめランキング

STEP3の状態のバストになってくると自分は垂れ乳だなと自覚している人も多いのではないでしょうか?

STEP2ではバージスラインがあったのに対して、STEP3になるとバージスラインあたりに指を入れた時に挟まる状態になります。

この状態になるとバストにハリがなくなり始めデコルテも削げ始めてしまっています。

ここまで来てしまうと、次の段階の垂れ乳への進みがどんどん加速していってしまいます。

40代に多いバストの状態です!

STEP4が完全に垂れてしまったバストの状態です。

ここまで来てしまうと、ハリは完全になくなりバージスラインもなくなってしまい、もう完全に元に戻すことはできなくなってしまっています。

バストは、脂肪、筋肉、乳腺、クーパー靭帯で構成されているのですがSTEP4は、脂肪もかなり柔らかくクーパー靭帯は完全に伸びてしまっている状態で50代〜に多くみられます。

完全に元に戻すことはできませんが、ナイトブラには背中や脇の脂肪を胸に戻してくれる機能が付いているのでナイトブラの着用や、土台であるバストの筋肉を鍛えて今の状態よりマシにできる方法はあります!

少しでもバストを今より状態を良くしたい人は、こちらで筋トレ方法を紹介していますので行ってみてください!

>>>バストの筋トレ方法を紹介!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

垂れる前からナイトブラの着用する事が一番おすすめですが、垂れ乳は加速していくスピードも早く、ヤバイのかもしれないと少しでも思い始めた時点で、ケアを始める事が大切です。

ナイトブラはまだ着けるのは早いと言う事一切なく、早ければ早いほどよく10代からの着用も可能です。

いつまでも綺麗なバストの状態を保つためには後悔してしまう前に、対処しましょう!

お読みいただきありがとうございます。

ナイトブラおすすめ商品一覧

商品 効果 着け心地 デザイン

Viage
90点以上
S
最高に良い
A
すごく良い
A
すごく良い

ふんわりルームブラ
90点以上
A
すごく良い
S
最高に良い
S
最高に良い

エクスグラマー
70点以上
A
すごく良い
B
良い
C
普通
スイートドリーム
スイートドリーム
70点以上
B
良い
B
良い
C
普通
ナイトブラ 導きを使った写真
導き
60点以上
C

普通

A

すごく良い

C

普通


ゆめふわブラ
60点以上
E
すごく悪い
C
普通
A
すごく良い

ユニクロのナイトブラ
60点以上
F
最悪
A
すごく良い
C
普通
ワコールナイトブラ
ワコールのナイトブラ
50点以上
E
すごく悪い
A
すごく良い
C
普通

トリンプのナイトブラ
50点以上
E

すごく悪い

A
すごく良い
D
悪い
ピーチジョンのナイトブラを着た写真
ピーチジョンのナイトブラ
40点以上
F
すごく悪い
F

すごく悪い

A

すごく良い


レディエア
※特殊ブラ
S

※ポンプでバストアップ

A
すごく良い
D
悪い

ナイトブラおすすめランキング