ナイトブラをつけた方がいい理由

皆さんは、夜は何も付けないで寝ていますか?

それとも普段のブラジャーのまま寝ていますか?

ナイトブラをした方がいいのか迷っていますか?

夜には夜専用のブラジャーであるナイトブラがいい理由を詳しく紹介していきますね!

  • 寝る向きによるバストの流れ防止
  • クーパー靭帯の伸びを防ぐ
  • バストの成長を妨げない

1.寝る向きによるバストの脂肪の流れを防ぐ

よく仰向けで寝ているよ~!という人は矢印の方向に胸の脂肪の重力が働いています。

という事は、何もつけていない状況だと胸の脂肪がどんどん脇から背中へと垂れ流し状態なんです・・。

よく背中の脂肪がブラジャーに乗ってしまう人いますよね?

それって実は胸から流れていった脂肪という事もあるんです。

横向きで寝ている人はこんな感じです。

片側の方に流されていってますね・・・

さっき重さを体験してみた人は分かると思いますが、その重さと重力がかかってしまっているんです。

でもこれを防いでくれるのが寝る時の為に作られたナイトブラなんです!

普通のブラジャーは起き上がっている状況だけで作られているので、下と横のみのサポートがほとんどです。

その為上からのサポートは無ので寝ている時にはデコルテの方に流れていってしまう脂肪は止めることができません。

ナイトブラのほとんどが、胸全体を抑えつけない程度にホールドされているのであらゆる方向に流れようとしている脂肪の流れを防ぐことが出来るんです!

2.クーパー靭帯(じんたい)の伸びを防ぐ

この図は胸を半分にした断面図です。

胸は、大胸筋(だいきょうきん)を土台として脂肪・乳腺・クーパー靭帯から作られています!

大胸筋 胸の前にある広く平べったい筋肉の事
乳腺 赤ちゃんを産むと母乳を作る所
クーパー靭帯  バストを支えて内側から吊り上げている
脂肪 胸の約90パーセントが脂肪

ここで大事なのがバストを内側から支えてくれているクーパー靭帯の存在です。

まだ小さく揺れるほどでなければ大丈夫ですが、徐々に成長してCカップ以上になってくるとその分クーパー靭帯にかかる重力が大きくなります

先ほども説明した通り、普段はもちろんですが、寝るときにも重力が掛かっています。

なので、ブラジャーなどでしっかりと支えてあげないとクーパー靭帯が伸びたり、最悪な場合切れてしまう事があります。

ここで注意してほしいのが、クーパー靭帯が伸びてしまったら元には戻すことができないという事です!

クーパー靭帯が伸びてしまうと胸が垂れた状態になってしまいます。

温泉とかに行くとよく目がいってしまう事があると思うかも知れませんが、まさにおばあさんの胸がそのように伸びてしまっている状態です!

まだ若いのですぐにこの状態にはならないですが、このままナイトブラなどで今からケアしておかないと、このような状態になってしまいます。

中には、おばあさんだけどあまり垂れていない人もいます。

それはきっと普段から気を使ってしっかりとケアをしてきた証拠です!

将来どちらが良いかと聞かれたら、やっぱり垂れていないバストが理想ですよね?

このように使い分けることが、理想を目指すにはとても大事になってきます。

  • 普段は、普通のブラジャー
  • 運動時はスポーツブラ
  • 寝るときにはナイトブラ

ここを気をつけているだけで、かなり良い状態を保っていけますよ!!

3.バストの成長を妨げない

寝ている時に、ワイヤー入りのしっかりとしたブラジャーをつけているとバストの成長の妨げになってしまう事があります。

バストは大きくなろうとしているのに、ワイヤーによって形の中におさまっていることで、成長できない状態になってしまいます。

睡眠と胸の成長は密に関わっているので、ナイトブラによって睡眠のストレスを無くして、育ち安い環境に整えてあげることが大切なんです!